2012年9月25日火曜日

第25話/ロサンゼルス


主な話者:うさぎ

ロサンゼルス、天使の街。それは、軍用機の街
この街に展開したレイシズム(人種主義)
偽装だらけの「知」



明るい日差し、光る海…そんな「イメージ」の街、ロサンゼルス。

たくさんの映画、テレビシリーズがつくられる、映像の街。

そんな絵とは違って、この街は、軍用機生産の都だった。そのことを、多くの人は知らない。


軍需産業と言えば、ここ水の街から近い、名古屋も主要な軍需生産地だったと聞く。だから空爆も激しかったそう。

そういう話はあまり聞かない。


刑事コロンボ、レイモンド・チャンドラーさんも、LAに縁があるそうだ。

「偽装」、イメージづくり。灰色が思わせたい通りに、人びとは思わされている。


もちろんロサンゼルスだけじゃない。灰色の偽装は、あらゆる場所にある。

思いもつかない身近なところにも。

そのことに気づいていたいと思う。


『うさぎ!』を通して気づいた、頭の中の「絵」の存在。いつの間にか頭の中に滑り込んでくる、偽りの知。

なぜ知っているのか、知らされているのか。立ち止まって考えたい。


目次に戻る

0 件のコメント:

コメントを投稿