スキップしてメイン コンテンツに移動

「トランプを一枚」報告書

始まり


2012年6月17日、名古屋・栄。前日にウェブで告知のあった小沢健二さんの「トランプを一枚」スカイ
プトークショーが、予定の20時を過ぎたところで始まる。

整理券の列は早朝から出来始めた。参加者は80名。20代から50代の男女さまざまな層が姿を見せた(なかには子どもの姿も)。

さて、開場前、ポップアップショップ前に、参加券入手順に並んだ参加者たちにトランプが配られる。

青と赤のトランプ群。絵柄は抜かれていたそう。好きなものを並んだ順に一枚。どういう意味なのかはスタッフにも分からないという。

20時過ぎ、トランプ・展覧会半券・入場整理券を持った参加者は順番に会場の中へ。好きな場所に床へ座る。壁に映し出されているのは広い緑の風景。芝生、木々、晴れている公園のようだ。

参加者の入場が終わり、音楽(「我ら、時」収録の「いちごが染まる」)がとまり、しばしの静寂。そ
して小沢さん本人が現れた。

短めの前髪、トレードマークの紺と白の長袖ボートネック、臙脂のオリジナルスカーフを首にたゆませてくるくると巻いた姿。会場内、拍手と歓声に包まれる。

イヤフォンをつける小沢氏。そして会場との通信を調整する数分間。複数つないだスカイプの他ラインから雑音が出るということで、調整がなされる。パルコスタッフとのやりとりは厳しい表情。職人の顔が覗く。

小沢さんより趣旨説明


「日常にすべてがあると思っていて。『東京の街が奏でる』の最終夜、演るものは全部やってはけて、でも全然拍手がやまなくて、もう一回舞台に出て、言った言葉『日常に帰ろう』。

これ、前から用意していた言葉じゃなく、あのときに降ってくるように言った言葉。でもこの言葉がぴったりきていると思っていて。ひふみよは日常の隙間を表現したもの。展覧会でも他の国の日常を見せた。人々の日常がどんなものなのか、にもとても興味がある。今日は、みんなの大ニュースを・・・それはお相撲さんの不祥事とかではなく(笑)、自分にとって『これ、人に言いたい!』というニュースを聞かせてほしい。トランプを引くので当たった方から聞かせてください。できれば自己紹介も・・・」

会場からは「えー!」のどよめき。小沢、会場の反応に笑顔、照れたようないたずらっぽい顔でトランプシャッフル始める。スペードの七。

一人目:ひふみちゃんの話


当たったのは男性。自分の子どもの話。――妻とともにファン。ひふみよライブに参加、そのときに子どもを授かる。名前は「ひふみ」に。苗字に「よ」がつくので「ひふみよ」揃い。今朝、初めて一人で立った。

小沢さん「おおー!すごい!おめでとうございます」とのけぞる。「すごい話、これ以上ない話。すごくうれしいし、なんかこう胸がどきどきする。いや、やっぱりトランプいいですね、おもしろい。最初から最高の話が聞けました。じゃあ、もういいですね」

と、小沢さんは立ち上がり画面から消える。「うそです」と戻る。会場爆笑。

二人目:ギターを始めた話


女性。最近アコースティックギターを始めた。まだまだ下手だけど練習しているという話。

小沢さん「すばらしいですね」と笑顔。「初めはうまくいかなくても、ある瞬間を過ぎると、弾けるようになるのでがんばって。もし弦が硬くて指が痛くなるようなら、クラシック用のナイロン弦に替えてみるのもいいかも」とアドバイス。

三人目:恋人の話


女性。先月恋人が亡くなったという話。ひふみよには一緒に参加し、いい思い出。今はずっと「天使たちのシーン」を聞いている。ぴったりくる。歌詞を都合よく解釈してしまっているかも・・・。

小沢さん「・・・」眉間にしわを寄せて長らく沈黙。「・・・なんとも言えないです、これは・・・」

目を押さえ、目元を隠す仕草。会場内の空気もぐっと張り詰める。

「『天使たちのシーン』という曲は、フリッパーズギターをやめて、これからどうしようか、(という方向性が)固まってない頃にできた曲で。そのとき、スカパラの青木さんが『じゃあおれがたたくよ』と言ってくれた。こんな形でつながりたくはないと思うけど、(死という点で)つながっているのかなと思う。一緒に、生きていきましょう。

それから、歌詞で「これこうだ」「これ分かった」と思ったら、それは絶対にその通りです。間違いじゃない」と歌詞解釈について触れた。

会場からは発表者に向けて大きな拍手が沸いた。

四人目:じゃがいも二箱


しんみりとした空気の中、トランプがひかれる。男性。彼女の両親と結婚申し込みの会談。彼女は泣いてしまうし、全然うまく話せなかった。重い時間を過ごし、微妙な空気の中、おみやげにじゃがいも二箱を持たされて帰宅。子どもの名前、うちもひふみにしていいでしょうか。

小沢さん、笑顔を見せて「じゃがいも二箱が効いてますね。そういえば第五夜の大川さん、妊娠した体で演奏してくれた。お幸せに。子どもさん、励んでください」(会場から笑い)

五人目:ミュージシャンとの握手会の話


女性。塾の先生。「小沢さんとは別のミュージシャンの方のことなんですけど」小沢さん「はい、どうぞどうぞ」と笑顔。ファンサービスしない大好きなミュージシャンが最近変わって、握手会をしてくれた。大好きな思いを伝えたかったけど、ぜんぜんうまく話せなかった。

小沢さん「そういうの、こっちもどきどきするんですよね。NYで歩いてて時々『小沢健二さんですよね』とかって声をかけられるけど、うまく返せない。こっちにはこっちの日常があって、日常と日常が激突する。こっちの日常の中で『おなかすいたなー』とか『次の待ち合わせ時間は』とか歩いてるときに突然声かけ られると反応できない。『今急いでますんで』とか言ってしまって、いや別にそれほど急いでないじゃんよとかって(笑)。こっちもこっちで『しまったー』と 思ってる」

ツイートOKの話


ちょっと画面から離れて、小沢さん「今、別の場所でツイッター を見てる友達がいて、その人が『話の内容も濃いし、ツイートもすごくおもしろい』って言ってます」との報告。

「ツイッターは文が短い。そこに主観で受け取った内容が書かれるから、誤解は誤解のまま伝わってしまう。それはよくないことなのかもしれないけど、新しいコミュニケーションの形として注目してる。そう、オーセタカーエネ(ozkn)ドットネットを見ても、みんな文や絵がうまい、巧み。だからツイートはOKにしたんです。そういう(文や絵が得意な)似た人が偏って集まっちゃう、っていうのもあるけ
ど、そういう人が僕の音楽を聴いて育ってくれて、うまく読めるし書けるようになってきたと実感する。 ポンキッキーズでくまの着ぐるみの僕を見て(会場笑い)、『何だ、この人』ってなって、『これだこれだ』ってライフなんか聞いて、それを握って育ってくれた人がいるって本当に光栄だし、うれしい。どんな人が自分の音楽を聴いてくれているかって、歌を出してすぐには分からない」

六人目:無農薬野菜とカジくん


女性。昔渋谷で無農薬野菜を小沢に贈った。「ああ、覚えてます」の言葉に会場「いいなー!」。ニュースは階段の上から下まで落ちたこと。カジヒデキさんもファンで、落ちたあとに足をひきずってカジさんのライブに行って、ライブ前に食事しようとお店に入ったら目の前にカジさんがいた、そのこともニュースと。 女性「カジヒデキさんもファンなんですけど」との言葉に小沢さん「はい、どうぞどうぞ(笑)。大丈夫です、知ってます」と笑顔で。

小沢さん「ほんと、日常は不思議なことに満ちてる。予定して話していたら、絶対聞けなかった話。日常って本当に、何よりすごい。カジくんの話にしても、すごい偶然で、確率低いことですよね」

七人目:トイック高得点


男性。デザイナーを目指してて、今日もカラーコーディネーター試験受けてきたところ。ニュースは先日のトイックテストで高得点とれたこと。(小沢さん「トイックって、英語ですよね?」)

小沢さん「ここ、ロードアイランド州なんですが、近くに有名な大学があって。調べたいことがあってそこの図書館で勉強してるんですよ。覚えるだけの勉強は つまらないって、学ぶことを切り捨てることもできるけど、何とか折り合いをつけて勉強を続けると、役に立つこともある。今、勉強するのが楽しい。勉強したいことを勉強すること。覚えるんじゃなくて考える勉強」

八人目:閉店


女性。五年育児休業してようやく復帰した仕事先が、閉店することに。

小沢さん「それこそニュースですよね。新聞でニュースになってることとかも、『これ自分と関係ないよなー』っていう話多いですよね」

九人目:事情によりミュート、そして箱の話


小沢さん「この前の大阪の『うさぎ、エクスクラメーションマーク、スペースをめぐる冒険』のとき、聞いてた友達が「箱の話よく分からなかったって言ってたのでその話を。九人目の方の話、公にできない。その公にしない、オープンにしないことの効果って大きくて。もちろんオープンになることでメ
リットもある。 でも何でもオープン、オープンっていう方向になる必要はなくて。作品集の箱もそうなんですが、空間を区切ること、覆い隠すことで濃くなるっていうこともある。閉じられた空間は必要」

終わりに


パルコスタッフに終了時間オーバーを心配する小沢。そして自身のPCバッテリも残り少ないという。

そして次の日曜のイベントの告知。

小沢さん「知っている人、たとえばBOSEくんとかと話すのは、お互いに知っているから効率がいい。今日みたいに、日常と日常を激突させての会話は、どっきりするし、すらすらとは行かない。刺激がありすぎる場合もある。でもこのところ箱、コンサート、展覧会、と出すほうが多かったから、今日はみんなにもらいたくて。もらった話をにぎりしめて、生かしていきます」

PCバッテリの警告が出た、と言う。小沢「今日は本当にありがとう」と言うと、スクリーンはふっと、消えていった。



貴重な時間をありがとうございました。



(参考:ツイッターまとめと自らの記憶とメモ)

注:録音はしてません。

コメント

このブログの人気の投稿

小沢健二の連載小説『うさぎ!』はどこで買える?

小沢健二さんの『うさぎ!』はその一部が単行本としてまとめられたことがあり、ご本人のライブツアーのポップアップショップなどで買うことができました。ですが、普通の書店、本屋さんでは扱われていません。

『うさぎ!』が連載されている『子どもと昔話』という年に4回発行される冊子があり、こちらは大きな図書館に置かれていることがあります。京都のホホホ座さんや、下北沢の気流舎さんなど、少数のすてきな本屋さんにも並んでいるようです。

というわけで、『うさぎ!』を読まれたい方は大きな図書館に行ってみて『子どもと昔話』を探してみることをおすすめします。近くにすてきな本屋さんがある場合も探してみてはいかがでしょう。

もっと手っ取り早いのが『子どもと昔話』を購読する方法です。年に3千円台のお値段で、年に4回、冊子がご自宅に届きます。(ただ、現在:2017年10月、小沢さんは音楽活動においそがしいために『うさぎ!』を休載されています。)

目次/ただいまの状況

小沢健二さんの連載寓話『うさぎ!』の感想を綴るブログです。目次(続きを読む)からお好きな記事をお選びください。

2018年5月:春の空気に虹をかけ 感想文2017年10月31日:小沢健二の連載小説『うさぎ!』はどこで買える?2017年10月:『子どもと昔話73』うさぎ!休載2017年2月27日:2017年2月の小沢健二さんにまつわる出来事たち ★2017年冬号『子どもと昔話』うさぎ!第43話2016年11月14日:『子どもと昔話69』うさぎ!第42話2016年夏号『子どもと昔話』にては『うさぎ!』休載2016年7月5日:魔法的を語り合う縦書き版はこちら2016年5月27日:魔法的2016年4月20日:2016年春号の『子どもと昔話』が届きました2015年9月2日:64号(うさぎ!39話)を読んで2015年7月24日:小沢健二の『うさぎ!』とは?2015年6月15日発行 『MONKEY Vol.6 音楽の聞こえる話』に小沢健二さんがエッセイを寄稿。

大きな反響を呼んだ「第24話 原発について」は、著者公式サイトで読めます(うさぎ!第24話ネット公開によせて)。痛みについての「第9話」抜粋も。

 本サイトの目次
以下、各話のタイトルは著者による表現ではありません。
★印=人気記事(アクセス数を根拠にしています)

第1話 昔むかし、あるところに ★第2話 旅立ち ★第3話 灰色の演説第4話 「資本主義」はまともに存在していない第5話 水第6話 ジャーナリスト/ここまできた世の中だからこそ第7話 時と空間がくっついて、離れがたくなっているもの第8話  坑道で 第9話 坑廃水第10話 絵本の国第11話 食第12話 NPM第13話 善意でめっちゃくちゃ第14話 メディア第15話 パレスチナ問題第16話 ホワイトサプレマシー第17話 「○○との戦い」第18話 戦いの一局面が、終わる第19話、第20話 小沢健二に聞く第21話 メキシコ第22話 もう古いの計画第23話 エジプト革命第24話 原発第25話 ロサンゼルス第26話  第1話を再録第27話 スチャダラパーの三人が『うさぎ!』をめぐって語る第28話 白人優越主義第29話 選挙第30話 「低関心」と広告第31話 現実は意思でつくられる ★第32話 大雑誌・大新聞の記事と広告第33話 広告は若者に忠誠心を植え付ける ★第34話 日米…

第1話/昔むかし、あるところに

「このお話のころの世界」が語られる。
灰色から見た、人びとの姿。
灰色から見た、子どもの姿。昔話。
灰色にとって都合のよいことと、都合の悪いこと。

うさぎ、きらら、トゥラルパンが銅山の国へと、旅立つ。
沼の原での、水をめぐる戦いのお話が、始まろうとしていた。



「豊かな」国と「貧しい」国。
豊かな国と聞くと、どこが思い浮かぶでしょう。
まず私に思い浮かぶのは、私の住む国、日本。それから、アメリカ、ヨーロッパの国々。

なぜだろう、なぜその答えが浮かぶんだろう?
第1話は、思い浮かぶ、自然に覚えさせられている、その不思議に、気づかせてくれる文章なのでした。


一番最初に第1話に出会ったのは、インターネットで、でした。
以前「毎日の環境学」というサイトに、第1話が掲載されたことがあったそうで、その時の画面がどこかに保存されていたらしい。

『うさぎ!』は難しい、という意見をちらちらと聞いていたので、おそるおそる。

読み終わってまず浮かんだのは、『モモ』みたいだな、ということでした。
『モモ』では灰色の服を着た、時間泥棒っていうのが出てくるでしょ、あの姿がまず浮かんだ。

あー、あのこわいものが、実は今の私のそばにいるんだなあ、と。そばまで来てるんだなあ…。


「本当に小沢健二が書いてるの?」と思うくらい、透明な語り口の印象を受けました。
そしてちょっと、こわい感じ。

まずいな、今の世界って、ここまで来ちゃってるのか、というこわさ。

あの小沢健二がこう書くほどの、書かなくちゃならないほどの、世の中に。


“お金の塊を大きくするのに都合のいい世界は、人びとがおたがいを疑って、怪しんで、怖がっているような世界でした。そのために、一人一人が、一つ一つ袋に入ったあめ玉のように、ばらばらになっている世界でした。” 第1話 15頁
日常の中で、この人びとが「ばらばらになっている」様子が思い浮かぶことが多いです。人と人がばらばらだと思うと、力が出てこなくなります。「どうせ何も変わらない」…そう言いたくなる気がします。

そうでない場所を思い描くと、力が出てきます。「何だってできる」と言えそうな気分。社会や政治や経済、なんて難しい言葉で区分けしないで、世の中をとらえてみたい。

無力感、私もいつも感じています。周りの大人のあきらめた様子。

子どもたちは何もあきらめてないのに。

「どうせ変わらないよ…