スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2014の投稿を表示しています

第36話を読書中

『子どもと昔話』の、2014年の秋号が手元に届きました。

巻頭のエリザベス・コールさんの連載では、
ozkn.netで注目された写真家さんの作品が掲載されています。

連載『うさぎ!』の後ろには、
「うさぎ!を読む会の報告」という新しい連載が始まりました。

今回は、気流舎さんが寄稿されています。

楽しみにしている、牧子さんのエッセイに、
日本含め世界各国の昔話。
(夜な夜な、子どもたちに読み聞かせしています。)

小澤先生の、日本についてのエッセイ。
若い日の記録、
昔話の文法を解説したコーナーなど・・・。

時間をかけて読んでしまう読み物が入っています。

今回の『うさぎ!』では、
以前の号の「ドル・ギャップ問題」、
戦後の絵本の国の復興の裏側について
考察がさらに深く進められています。

私の心の中には、今
「世界は、どうにでも発展できた」
そして
「世界は、どうにでも発展できる」
という、『我ら、時』にも表現されている考え方が、
ぽかっと浮かんでいます。

絵本の国のご先祖様のことを
思ったりしています。



追記(10月22日)

川に冷やされたラムネを撮影され、インタビューが掲載された西山春希さん
ご自身のタンブラーをご紹介くださいました。

昔話へのご招待

小澤先生の、ラジオ番組。
タブレットで聴きました。

インドネシアの昔話の回でした。



世界中の昔話に、
共通する文法がある。

極端な状況の出現、
同じ言葉の繰り返し、
シーンの進み方のシンプルさなど。

そして、
いろんな国で、同じようなテーマの昔話が、
共存しているということ。

日本にも、同じような話がある。

口承ならではの特徴は、
国境や民族の境に
遮られることがない。



動物の鳴き声が、
国によって、
異なる言葉でとらえられること。

例えば、今回の昔話に出てきた、にわとりの鳴き声も
国によってとらえ方が異なる。

日本では、コケコッコー。

これにまつわり、
子どもが小さかった頃の思い出。

ドイツに家族で渡ったばかりの頃、
下の子(3歳)は、ドイツ語が話せず
不安な気持ちでいた。

家族で散歩をしていると、
にわとりが鳴いた。
すると、3歳の次男は
「にわとりは、日本語で鳴いてら」と。
確かに日本語を話す私たちには、
「コケコッコー」と聞こえた。

子どもは少々安堵した様子。
親はおかしくて笑った。
そのことが、すごく心に残っている、と小澤先生。