スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

7月, 2016の投稿を表示しています

魔法的を語り合う

目次
伝説の? 呪文 メッセージ 時間を変質させる振動 子どもと魔法
話し手、聞き手 オリーブ育ち・春日ひまわり、ティーカップの女の子・チャ
縦書き版はこちら
チャ「魔法的よかったね。」 ひまわり「よかったよね~。特に新曲が。」 チャ「みんなそう言うね。」
伝説の?
ひまわり「でもさ、『今日ライブ行くんです』『誰の?』『オザケンの』って言ったら、相手はね、ことごとく『……』ってあっけにとられた顔で言葉を失うんだよね。」 チャ「『え……? あの?』みたいな。」 ひまわり「そうそう。みんなの中では、昔の神話の登場人物くらい遠いみたいで。」 チャ「あー……ね……。」 ひまわり「『今は子猫ちゃんって言わないんだってね。』とか。オリーブを読んでた友達からは、『おー! オザケン元気にしてる?』って聞かれた。彼女たちにとっては、けっこう近くて、少し遠くに住んでる遠い親戚の兄ちゃんくらいね。  今の小沢健二さんの音楽は説明しにくくて困ったよ。ライブのあのよさを、伝えるのが難しくてさ。」 チャ「そうね…。昔とは違うんだけど、エッセンスは同じって感じかな。あえて言うなら。あとは『大人になってたよ!』とかか。」
呪文 ひまわり「今回のライブで一番印象的な心象画像は、スクリーンに映った歌詞。あの圧倒的な文字量に、とにかくまずすっごく圧倒された。」 チャ「難しい漢字もいっぱいだったね。」 ひまわり「魔法って……どこかまがまがしいでしょう。怪しげな、でもだからこそ気になる、惹かれるっていうか。  あの、文字が歌より先に来る演出はかなり呪文ぽくて、本能的にやばいことが始まる感が出てた。」 チャ「あれだけ先にガンと来られると、つんのめるよね、気持ちが。前のめる。」 ひまわり「だからかな、実際に演奏が始まると、歌はスローテンポだったりするんだけど、煮詰まった濃い感じがしたよ。  でも、歌詞が攻めてきて、前奏を心安らかに楽しめないという……。」 チャ「覚えなきゃ! ていう。」 ひまわり「ねー。次録音出るのいつかわかんないしね。」 チャ「でも歌詞が目で見えると、その歌のメッセージがわかりやすいよね。」
メッセージ
チャ「今回のメッセージって何だと思った?」 ひまわり「うーん、私は……『新しい世界をつくろう、新しいところをつくろう、一緒に。』かな。」 チャ「ふーむ。」 ひまわり「『飛ぼう、信じて飛ぼう、恐れずに。』  『うさぎ!』を読んでいるから余計そう感じてしまうのか…