2018年5月8日火曜日

春の空気に虹をかけ 感想文


人ってきれいだな。
光ってきれいだな。

と心が喜ぶような夜でした。

光で、舞台と客席がつながって、
歌で、舞台と客席がつながって、
みんなで一緒にきれいな夜をつくっているようでした。

演奏者さんたちと、観客の間に
垣根がなくて、一緒だったと思います。

そして、長年の小沢健二ファンだけでなく、
「小沢健二、なつかしい」
「小沢健二、生きてたんだ?」
というみなさんがとても楽しめる仕組みに
なっていたと思います。

管楽器の演奏家さんのみなさん、
それから弦楽器の演奏家のみなさんが、
それぞれの空き時間に
それぞれの踊りや身振りでオーディエンスと
通信していたのがすてきでした。

ハープの音がすごくきれいでうっとりしました。

大好きな白根さんのドラム。
今回のフクロウも最高でした。

ギターの力、安定して届いてきました。

服部さんの指揮、美しかったです。

満島さんが自分の存在感を自在に操る様子は
圧巻でした。
出るところと引くところの強弱の付け方が
すばらしかったです。

満島さんとのコントラストで、小沢さんの格好よさが
際立って、美しかったです。

視覚的に忘れられないのは「いちごが染まる」
音として忘れられないのは「フクロウの声が聞こえる」です。
個人的にうれしかったのは「ビバップ」と「あらし」です。
「神秘的」のところで泣きそうになりました。

満島さんが光を反射させていく演出が
好きでした。光をつかむのが楽しかったです。

観客席では、隣の男女も前の女子たちも
体を揺らしてすごく歌っていました。
特に男子のところは、隣の人ががんばっていました。
ずっとがんがん踊っていた隣の男性が、
「ある光」のときだけ踊らずに直立不動で
舞台を凝視していたのが印象的でした。

私たちの歌、舞台で聞いたら、どんな感じだったんでしょうか。

また一緒に歌えるときが来ることを
楽しみにしています。 




0 件のコメント:

コメントを投稿