2015年5月11日月曜日

第38話(『子どもと昔話』2015年春号)を読んで

2015年の4月中旬に届いた、『子どもと昔話』2015年春号。

連載『うさぎ!』は第38話が掲載されています。
また、『「うさぎ!」を読む会の報告2』として、大阪ココルームの読書会の方々からの寄稿文も。

私は『子どもと昔話』が届いたら、まずは、巻末の小澤編集長の「日本を見つめる」を読みます。今回は、特別に転載された元ドイツ大統領の演説(過去に目を閉ざす者は、現在にも目を閉ざすことになる)に特に感銘を受けました。その後、下河辺さんの「老いの場所から」を読み、その後に『うさぎ!』関連を読んだり、エリザベスさんのフォトエッセイを見たりします。

「今回はどんな昔話が入っているかな?」という点も、お楽しみのひとつです。

さて今回、『うさぎ!』を読んで、「文化や歴史などの文脈から切り離された、ものやこと」についていろいろ考えていました。

例えばですが、この前見てきた、地元のおまつり「大垣まつり」。

13のやま(「車山」というのをぎゅっとくっつけた「軕」という字が当てられます)が、市内の門前町をくまなく巡るという祭礼行事です。300年以上続いているおまつりだそうです。

町ごとに、代々受け継いできた「やま」を、その町の構成員が引き回します。(お酒を飲みながら…。)

巡るルートは、一年ごとに東回り、西回りと変わります。その道筋は決まっていて、変えることはできません。そのルートの中には、「10メートルほどで行き止まりなんだけど、必ず行って戻らなくちゃいけない」という箇所もあります。なんという美しい無駄。

これを「日本のおまつり」として、海外に輸出したらどうなるか。構成員にもルートにも制限を設けず、ただ形だけ「やま」を引き回す…そうしたら、その場では、この文化の美しさはほぼ消えてしまうことでしょう。

そういうようなこと、レリゴーもメイソン・ジャーと同じようなことが、身の回りにどれだけ積まれているのだろう。そういう「抜け殻」に囲まれて、何かが見えなくなっていやしないか。

ひやひやする思いで、日常を眺め直しています。

2 件のコメント:

  1. 38回読みました。流れこむ商品や習慣が歪められているお話、面白かったです。実際、メイソン・ジャーでサラダが腐ったなんて話題もありましたよね(笑)。よくよく考えてみるとスタバより昭和レトロな喫茶店やファミレスほうがリラックスできている自分に気が付かされました

    返信削除
    返信
    1. 春日ひまわり2015年5月13日 12:53

      ハンドドリップの喫茶店とか、いいですよね。ワンカップ大関の空きビンで、水出し緑茶なども飲んでみたいです。

      削除