2013年4月19日金曜日

第31話 現実は意思でつくられる

第31話が掲載された「子どもと昔話55号」は、2013年の参院選を前に「特集:非戦の憲法を守り、原発廃止を実現しよう」が組まれました。

その流れを汲んだかのように、今回の「うさぎ!」では憲法、軍隊、非戦、平和といったテーマが取り上げられ、また広告にも焦点が当てられています。

季刊誌を全体として受け止めたときに、さまざまな考えが浮かび、いろいろな思索を持つことにできる号です。

まだ「子どもと昔話」をお手にとられたことのない方は、これを機に55号をお手元に引き寄せてみてはいかがでしょうか。友達に借りるとか。図書館で借りるとか。

発行元へのメール発注でもスムーズに購入することができます。(メールで発注、現物と郵便局での払込書、請求書アンド納品書が届く、郵便局でお支払い。その場合、送料150円がプラスされ、冊子が830円なのでお支払い合計は980円です。)



南国市、そしてそこから橋をわたってすぐのX島から帰ってきたきらら。
  • 広告は言論
  • 世の中の流れは自分の手でつくるもの
  • 憲法、軍事力、平和
  • モノ・カネ・外見主義
戦うこと、立ち向かうこと。

それをおそれないこと。



参院選がやってきます。

苦々しい思いを持つ私たちの手に、一票が握られています。

とか書くと、どうなんでしょう、「うわー政治?うっとうしー」って感じでしょうか。

吉本隆明さんの「フランシス子へ」を読んだところなのですが、書中で取り上げられていた「言葉と、それの表す実体を短絡的につなぎすぎてやしないか。疑問を持たずにうのみにしていることが多すぎないか?」というようなお話に、何だか深く共感したのでした。

いつからか私たちは、「考えること」もアウトソーシングできると考えてはいないだろうか?

「考えること」「話し合うこと」は専門家のやることだと、思わされてはいないだろうか?

意見を言うことも、反論することも。


『うさぎ!』はその「考える」を引き出すのがうまい。

憲法とは。軍事力とは。

考え続けたい。しつこく、目を見張り続けたい。

福島の事故を忘れない。

この思いを持ち続ける。いつまでもくやしいと思う。いつまでも、反省したいと思う。

こんな思いのある方、ぜひ「子どもと昔話55号」丸ごと読んでみてください。


目次に戻る

0 件のコメント:

コメントを投稿