スキップしてメイン コンテンツに移動

第30話 低関心と広告


うさぎ、トゥラルパンたちは、広告について語り合っています。

広告から文章がなくなった
説明のない、イメージだけのCM
内容のない広告を街中に散らしておく理由
一日に数千の言論を浴びせられている僕たち
低関心(広告を疑問なく受け入れる層)と広告の関係


数千の言論を無視し続けなくてはいけない状況で、私たちは?



本話を読んで、椎名誠さんの小説に『アド・バード』という作品の、荒廃した土地に広告用の鳥たちがうごめく世界が心に浮かんできました。今の世界、あそこへの途上にいる気がします。

広告。売るための言葉やイメージや動きに、私たちは囲まれています。

「本当にそうかな、それほど広告に侵略されてるってこともないんじゃないかな?テレビのCMは飛ばして見ないようにしてるし、物を買うときは自分の判断基準で選んでるし」
・・・なんて、「自分だけ違う」と思おうとしていたけど、今や広告は「広告っぽくない形で」行われるもの。侵されていないと思っていても、広告の影響からは外れられないのだとあらためて思いました。

インターネットなどのIT技術の目覚しい進歩の様子を見ていると、広告に関係のある機器や技術だからこそ、これほど重要視されて、どんどん高度になってきている気もしてきます。家の中にある物の中で、テレビやパソコンって必要以上にできがよくないだろうか?炊飯器や洗濯機なんかに比べて。

あらゆる物に広告がくっついてくる、挟まれてくる。その中で本、単行本の広告のなさにはあらためてびっくり。(本文の中に、気づかれないように広告が入っている本もありますが。)紙媒体より電子媒体の広告のほうが、品がよくないとも思います。検索ワードなどにひもづいた電子広告の「あなたこういうの好きでしょ、ね、ね」と言わんばかりの広告の出現には、逆に気持ちが引いてしまうことが多いです。このへん、今後もっと上手になっていくんでしょうね。

そんなに買わせたいんだなあ、としんみりもします。私の、お金を出す機能にしか興味がないのだなあと。小沢牧子さんの仰る「財布の口を開け閉めするだけの生活」という言葉が、実感として湧き起こってくる瞬間です。

さて、「低関心」と「高関心」。考えてみました。私はどちらだろう?

広告にはよくつっこみを入れるほうだけど・・・でもよく考えてみると、低関心と高関心のごっちゃまぜ、って感じが近いでしょうか。

広告を見て「んなわけないだろー」とか「またこのパターンー」とか冷静に受け止められることも多いのですが、とあるもの・ことになると、事情が違ってくるからです。

たとえば「小沢健二のコンサート」の広告だったら、ひとめ見ただけでぱあーっとなって何も考えられなくなり、高額だろうが抽選だろうが申し込んでしまう、とか。よしもとばななさんの小説に関してもそうですね。あとは化粧品分野にも弱くって、買わないのだけどコスメの広告を見るとぽーっとなってしまいます。

興味があるものには低関心で、興味がないものには高関心、ということになりますか。なんだか逆説みたいだけど。

みんなそうじゃないかな?低関心でだけいられる人も、高関心だけでいられる人も、いないんじゃないかな。

広告の進化の仕方って、おもしろいですね。

メールの受信箱にいわゆる「迷惑メール」がたくさん入ってきて、読んでないのだけどちらちらと件名が見える。「人妻」とか「当選」とか「ネカフェ」とか書いてあるのが、目に入ってくる。

夢の中でまったく関係ないと思っていた事柄が出てくるのと同じように、そういう断片はすべて私たち人間が共通して持ってるのだと思う。「女ほしい」とか「エロ」とか「金ほしい」とかそういうの。

ちらちらとそういうのが見え隠れするのって、人間っぽいなあとも思うのです。

目次に戻る

コメント

このブログの人気の投稿

小沢健二の連載小説『うさぎ!』はどこで買える?

小沢健二さんの『うさぎ!』はその一部が単行本としてまとめられたことがあり、ご本人のライブツアーのポップアップショップなどで買うことができました。ですが、普通の書店、本屋さんでは扱われていません。

『うさぎ!』が連載されている『子どもと昔話』という年に4回発行される冊子があり、こちらは大きな図書館に置かれていることがあります。京都のホホホ座さんや、下北沢の気流舎さんなど、少数のすてきな本屋さんにも並んでいるようです。

というわけで、『うさぎ!』を読まれたい方は大きな図書館に行ってみて『子どもと昔話』を探してみることをおすすめします。近くにすてきな本屋さんがある場合も探してみてはいかがでしょう。

もっと手っ取り早いのが『子どもと昔話』を購読する方法です。年に3千円台のお値段で、年に4回、冊子がご自宅に届きます。(ただ、現在:2017年10月、小沢さんは音楽活動においそがしいために『うさぎ!』を休載されています。)

目次/ただいまの状況

小沢健二さんの連載寓話『うさぎ!』の感想を綴るブログです。目次(続きを読む)からお好きな記事をお選びください。

2018年5月:春の空気に虹をかけ 感想文2017年10月31日:小沢健二の連載小説『うさぎ!』はどこで買える?2017年10月:『子どもと昔話73』うさぎ!休載2017年2月27日:2017年2月の小沢健二さんにまつわる出来事たち ★2017年冬号『子どもと昔話』うさぎ!第43話2016年11月14日:『子どもと昔話69』うさぎ!第42話2016年夏号『子どもと昔話』にては『うさぎ!』休載2016年7月5日:魔法的を語り合う縦書き版はこちら2016年5月27日:魔法的2016年4月20日:2016年春号の『子どもと昔話』が届きました2015年9月2日:64号(うさぎ!39話)を読んで2015年7月24日:小沢健二の『うさぎ!』とは?2015年6月15日発行 『MONKEY Vol.6 音楽の聞こえる話』に小沢健二さんがエッセイを寄稿。

大きな反響を呼んだ「第24話 原発について」は、著者公式サイトで読めます(うさぎ!第24話ネット公開によせて)。痛みについての「第9話」抜粋も。

 本サイトの目次
以下、各話のタイトルは著者による表現ではありません。
★印=人気記事(アクセス数を根拠にしています)

第1話 昔むかし、あるところに ★第2話 旅立ち ★第3話 灰色の演説第4話 「資本主義」はまともに存在していない第5話 水第6話 ジャーナリスト/ここまできた世の中だからこそ第7話 時と空間がくっついて、離れがたくなっているもの第8話  坑道で 第9話 坑廃水第10話 絵本の国第11話 食第12話 NPM第13話 善意でめっちゃくちゃ第14話 メディア第15話 パレスチナ問題第16話 ホワイトサプレマシー第17話 「○○との戦い」第18話 戦いの一局面が、終わる第19話、第20話 小沢健二に聞く第21話 メキシコ第22話 もう古いの計画第23話 エジプト革命第24話 原発第25話 ロサンゼルス第26話  第1話を再録第27話 スチャダラパーの三人が『うさぎ!』をめぐって語る第28話 白人優越主義第29話 選挙第30話 「低関心」と広告第31話 現実は意思でつくられる ★第32話 大雑誌・大新聞の記事と広告第33話 広告は若者に忠誠心を植え付ける ★第34話 日米…

第1話/昔むかし、あるところに

「このお話のころの世界」が語られる。
灰色から見た、人びとの姿。
灰色から見た、子どもの姿。昔話。
灰色にとって都合のよいことと、都合の悪いこと。

うさぎ、きらら、トゥラルパンが銅山の国へと、旅立つ。
沼の原での、水をめぐる戦いのお話が、始まろうとしていた。



「豊かな」国と「貧しい」国。
豊かな国と聞くと、どこが思い浮かぶでしょう。
まず私に思い浮かぶのは、私の住む国、日本。それから、アメリカ、ヨーロッパの国々。

なぜだろう、なぜその答えが浮かぶんだろう?
第1話は、思い浮かぶ、自然に覚えさせられている、その不思議に、気づかせてくれる文章なのでした。


一番最初に第1話に出会ったのは、インターネットで、でした。
以前「毎日の環境学」というサイトに、第1話が掲載されたことがあったそうで、その時の画面がどこかに保存されていたらしい。

『うさぎ!』は難しい、という意見をちらちらと聞いていたので、おそるおそる。

読み終わってまず浮かんだのは、『モモ』みたいだな、ということでした。
『モモ』では灰色の服を着た、時間泥棒っていうのが出てくるでしょ、あの姿がまず浮かんだ。

あー、あのこわいものが、実は今の私のそばにいるんだなあ、と。そばまで来てるんだなあ…。


「本当に小沢健二が書いてるの?」と思うくらい、透明な語り口の印象を受けました。
そしてちょっと、こわい感じ。

まずいな、今の世界って、ここまで来ちゃってるのか、というこわさ。

あの小沢健二がこう書くほどの、書かなくちゃならないほどの、世の中に。


“お金の塊を大きくするのに都合のいい世界は、人びとがおたがいを疑って、怪しんで、怖がっているような世界でした。そのために、一人一人が、一つ一つ袋に入ったあめ玉のように、ばらばらになっている世界でした。” 第1話 15頁
日常の中で、この人びとが「ばらばらになっている」様子が思い浮かぶことが多いです。人と人がばらばらだと思うと、力が出てこなくなります。「どうせ何も変わらない」…そう言いたくなる気がします。

そうでない場所を思い描くと、力が出てきます。「何だってできる」と言えそうな気分。社会や政治や経済、なんて難しい言葉で区分けしないで、世の中をとらえてみたい。

無力感、私もいつも感じています。周りの大人のあきらめた様子。

子どもたちは何もあきらめてないのに。

「どうせ変わらないよ…