2012年12月23日日曜日

機械が人の上に立つ


この生きている時間の中で、どのくらいの時間を買うことに費やしているんだろう?と、思ったのです。最近、百貨店で。

眠る時間と同じくらいの時間を費やしているんじゃないだろうか。

しかも、そこでの店員さんの動きは、かなり周到に操られてる。『うさぎ!』で言う「灰色」に。

その日は特別な割り引きが受けられる日で、いくつか品物を選んで店員さんに割り引き後の値段を聞いた。「このクーポンをお持ちでしたら、この金額になると思います。」

・・・「思います」?確信はできないらしいのです。複数の割り引きの権利を持っていたんですが、それが併用できるのか、ポイントはどのくらいになるのか、はっきり分からないらしい。

「レジに通してきますのでお待ちください」と店員さんは、値段をレジの機械に聞きに行った。

機械に聞きに行ったのですよ、上司にとかではなく。

「○○円でした、この割り引きとこの割り引きは併用できないみたいですね」

なるほど・・・この感じか~と妙に納得してしまいました。

最近の割り引き制度・ポイント制度って複雑で、ぱっと見ただけじゃいくらか分からない場合って、そういえば多くなったな、と。

ポイントが貯まるから、その分は後で得だけど、クレジットカードじゃないとポイントはつかなくて、この割り引きと一緒だとポイント率が下がる・・・え、二点買うと二割引?期間限定ポイント三倍?期間限定ポイントの期限は一ヶ月で、100ポイント貯まらないと使えない?どうしよう・・・、みたいな。

どれだけ迷わせるかを競ってるようにすら、思えてくる。

そんな中、絶対的な権力を持つのが、レジの機械。

バーコードやカードを通せば、ぴたりと正解を導いてくれる。店員さんはそれに従ってれば、怒られない。お客さんにも「レジでこう出たので、この割り引きはポイントがつきません」と堂々と説明できる、魔法の箱。

ああこうやって、「灰色」は、人びとを動かしてるんだなあ~。

そのたくらみはもう、私たちの生活に浸透してる。

できるだけあらがいたい。

買う時間より、つくる時間を大事にしていきたいな。

0 件のコメント:

コメントを投稿