スキップしてメイン コンテンツに移動

第2話/旅立ち


主な話者:うさぎ
友達で囚人の自由鳥へ宛てた手紙

いつも裸足のきらら
「まわりの人みんながそう言っている」と思いこませる、人びとの心をコントロールする「テレ・ヴィジョン」
なおすこと
遠くの国から「豊かな」国へ、長い距離を運ばれてくる、安い野菜

うさぎは、手紙を書きながら、灰色の仕業に腹を立てている。

銅山の国への乗り継ぎの飛行機を待ちながら。



『うさぎ!』が紹介する、インターネット上の参考資料
http://www.foodfirst.org/backgrounders/goinglocal

他、英語の紙媒体資料



ところで、登場人物のうさぎは、小沢健二さんに似ていると思う。太ってるところは似てないけど。

うさぎは、食いしん坊で、体からのメッセージに素直だ。お茶目なところがある。そして熱い。

“「人の社会をなおそう…。星をなおそう…。」毛布にうもれて、うさぎはぶつぶつつぶやいているのでした。”
第2話 65頁

テレビ、そう言えば、「うさぎ! をめぐる冒険」というトークショーでも、触れられた話題だ。

BOSEさんいわく「最近テレビ見なくなったよね」。

私もあまりテレビを見ない。子どもと一緒に子ども番組を見る程度。でも最近は、時間があれば、ニュース番組をいくつかのチャンネルで見るようにしている。

時々見ると、テレビのコマーシャルというのが、すごいのだ。何て言うのかな、激しい色彩で、必要以上に大きな声で、ぐいぐい来る。

引いた態度で流れるコマーシャルも時々あるのだけど、その「さりげなくなさ」も、ものすごい。


私の父や母はテレビが好きだ。いつでも見ている。私より芸能人に詳しい。

「テレビでみんなが言っているから、これは正しい」観は、私の世代(30代)より親の世代のほうが強いのではないかと思う。まあでも、その暮らしは灰色の言うなりという感じでもないが。


日本人は特に「みんなと一緒」が好きだと思う。外れたことは、白い目で見られる。(私は逆で、「毛色が違う」と思われることが大好きだ。)

周りを見て合わせる、そうするといろんなことがなめらかに進む気がする。


その「合わせる」っていう態度の延長線上に、「他の人と違う意見は言いづらい」があると思う。これは本当に困る。


それから、スーパーの野菜、本当にかわいそうな状態のものが売られている。

「これが普通です」と言わんばかりに堂々と売ってるけど、これ絶対普通じゃない、というものが並んでる。どの国でもそうなのかな。

その安さの代わりに、地球の氷が溶けてる、と読んで、確かにそうだよなあ、何のからくりもなしにあんなに安いわけないよなあ、と妙に納得する。

「有機栽培の野菜」と言われているものと、「スーパーの野菜」は味が違ったり、色つやが違ったり、保存のきき方が違ったりする。

それに気づくことは、貴重なことだと思う。


ちなみに、私の周りには一部の野菜を自家栽培する人が多い。

うちの長男もミニトマトをうれしそうに育てている。

野菜はお金で買うばかりじゃない、そのへんでにょきにょきと育てることもできる。

「うちのミニトマトは無農薬」「今年のじゃがいもは暑さで溶けてしまった」そういう会話が、前よりもっと楽しく感じられる。こういうのってリタイア後のおじいちゃんおばあちゃんの必須会話だ。


「ズボンに穴が開いたからポッチャマ(ポケモン)のアップリケをつけて」そういう会話は、本当に小さい一言だけど、なおすって、そういうことなのかもしれない。何かにつながっているのかもしれない。


それで、ですね。

「じゃあオザケンが言うから有機野菜しか買わないようにしよう」とか
「服を買わないようにしよう」とか
思ってしまいがちですよね。

有機野菜しか食べなければ、服を買わなければ、オッケーなのか?

「よし、これで解決」と思ってしまうこと。思ってしまいたい気持ちも分かる。

でも、そこを解決としないのが『うさぎ!』なんです。
 “みんながうさぎ君たちのように考えなければいけない、などという気持ちは、作者にも、おそらくうさぎ君たちにも、ありません。ご自身のお考えが違うからといって悲しくなったり、怒り出したりは、なるべくなさらないでください。考えなんて、他人に言われて決めるものではなく、自分で積み重ねていく、あるいはぶっ壊していくものだと思っています。”
一巻 はじめに 8頁

みんながうさぎくんのようになってほしいなんて、著者はひとつも思ってない。

野菜も革靴も、理解のための例にすぎない。

考えのきっかけをつくろうとだけ、しているのだと思う。

考えること、気づくこと。

私にとって『うさぎ!』は、目が変わるような感覚をくれたものでした。

目次に戻る

コメント

このブログの人気の投稿

小沢健二の連載小説『うさぎ!』はどこで買える?

小沢健二さんの『うさぎ!』はその一部が単行本としてまとめられたことがあり、ご本人のライブツアーのポップアップショップなどで買うことができました。ですが、普通の書店、本屋さんでは扱われていません。

『うさぎ!』が連載されている『子どもと昔話』という年に4回発行される冊子があり、こちらは大きな図書館に置かれていることがあります。京都のホホホ座さんや、下北沢の気流舎さんなど、少数のすてきな本屋さんにも並んでいるようです。

というわけで、『うさぎ!』を読まれたい方は大きな図書館に行ってみて『子どもと昔話』を探してみることをおすすめします。近くにすてきな本屋さんがある場合も探してみてはいかがでしょう。

もっと手っ取り早いのが『子どもと昔話』を購読する方法です。年に3千円台のお値段で、年に4回、冊子がご自宅に届きます。(ただ、現在:2017年10月、小沢さんは音楽活動においそがしいために『うさぎ!』を休載されています。)

目次/ただいまの状況

小沢健二さんの連載寓話『うさぎ!』の感想を綴るブログです。目次(続きを読む)からお好きな記事をお選びください。




2018年5月:春の空気に虹をかけ 感想文2017年10月31日:小沢健二の連載小説『うさぎ!』はどこで買える?2017年10月:『子どもと昔話73』うさぎ!休載2017年2月27日:2017年2月の小沢健二さんにまつわる出来事たち ★2017年冬号『子どもと昔話』うさぎ!第43話2016年11月14日:『子どもと昔話69』うさぎ!第42話2016年夏号『子どもと昔話』にては『うさぎ!』休載2016年7月5日:魔法的を語り合う縦書き版はこちら2016年5月27日:魔法的2016年4月20日:2016年春号の『子どもと昔話』が届きました2015年9月2日:64号(うさぎ!39話)を読んで2015年7月24日:小沢健二の『うさぎ!』とは?2015年6月15日発行 『MONKEY Vol.6 音楽の聞こえる話』に小沢健二さんがエッセイを寄稿。

大きな反響を呼んだ「第24話 原発について」は、著者公式サイトで読めます(うさぎ!第24話ネット公開によせて)。痛みについての「第9話」抜粋も。

 本サイトの目次
以下、各話のタイトルは著者による表現ではありません。
★印=人気記事(アクセス数を根拠にしています)

第1話 昔むかし、あるところに ★第2話 旅立ち ★第3話 灰色の演説第4話 「資本主義」はまともに存在していない第5話 水第6話 ジャーナリスト/ここまできた世の中だからこそ第7話 時と空間がくっついて、離れがたくなっているもの第8話  坑道で 第9話 坑廃水第10話 絵本の国第11話 食第12話 NPM第13話 善意でめっちゃくちゃ第14話 メディア第15話 パレスチナ問題第16話 ホワイトサプレマシー第17話 「○○との戦い」第18話 戦いの一局面が、終わる第19話、第20話 小沢健二に聞く第21話 メキシコ第22話 もう古いの計画第23話 エジプト革命第24話 原発第25話 ロサンゼルス第26話  第1話を再録第27話 スチャダラパーの三人が『うさぎ!』をめぐって語る第28話 白人優越主義第29話 選挙第30話 「低関心」と広告第31話 現実は意思でつくられる ★第32話 大雑誌・大新聞の記事と広告第33話 広告は若者に忠誠心を植え付ける ★第34話 日米…

春の空気に虹をかけ 感想文

人ってきれいだな。
光ってきれいだな。

と心が喜ぶような夜でした。

光で、舞台と客席がつながって、
歌で、舞台と客席がつながって、
みんなで一緒にきれいな夜をつくっているようでした。

演奏者さんたちと、観客の間に
垣根がなくて、一緒だったと思います。

そして、長年の小沢健二ファンだけでなく、
「小沢健二、なつかしい」
「小沢健二、生きてたんだ?」
というみなさんがとても楽しめる仕組みに
なっていたと思います。

管楽器の演奏家さんのみなさん、
それから弦楽器の演奏家のみなさんが、
それぞれの空き時間に
それぞれの踊りや身振りでオーディエンスと
通信していたのがすてきでした。

ハープの音がすごくきれいでうっとりしました。

大好きな白根さんのドラム。
今回のフクロウも最高でした。

ギターの力、安定して届いてきました。

服部さんの指揮、美しかったです。

満島さんが自分の存在感を自在に操る様子は
圧巻でした。
出るところと引くところの強弱の付け方が
すばらしかったです。

満島さんとのコントラストで、小沢さんの格好よさが
際立って、美しかったです。

視覚的に忘れられないのは「いちごが染まる」
音として忘れられないのは「フクロウの声が聞こえる」です。
個人的にうれしかったのは「ビバップ」と「あらし」です。
「神秘的」のところで泣きそうになりました。

満島さんが光を反射させていく演出が
好きでした。光をつかむのが楽しかったです。

観客席では、隣の男女も前の女子たちも
体を揺らしてすごく歌っていました。
特に男子のところは、隣の人ががんばっていました。
ずっとがんがん踊っていた隣の男性が、
「ある光」のときだけ踊らずに直立不動で
舞台を凝視していたのが印象的でした。

私たちの歌、舞台で聞いたら、どんな感じだったんでしょうか。

また一緒に歌えるときが来ることを
楽しみにしています。