スキップしてメイン コンテンツに移動

第11話/食



銅の山脈の上を吹いていく風。風はどこかに向かっています。風は道すがら、男の子がかまどの火を起こそうとしているところに寄り道をします。

ここはアブラヤラ大陸…ネイティブアメリカン(先住民族)の文化が評価され、同じ土壌を持つメキシコ人は基地帝国ではきつい仕事をしています。

そして、沼の原大学では、人びとが集まってこんな話をしています。


「反基地帝国主義感情」と定義されてしまうこと
基準服としてのスーツ(冷血の国の民族衣装)
軍事産業と経済
ティーナ(他に対案はない)、タータ(何千もの対案)

絵本の国の、詩のように美しい食べ物の提案(『食生活指針』)
食べること
栄養成分教(ヘルシー教)


私たちの想像力と夢は、灰色に翼を縛り上げられて、助けを待っている…



食べ物、食べることについても詳しく語られる第11回。

特に『食生活指針』の引用が印象に残りました。

お話の前半では、多くの意見が「半基地帝国主義感情」として片づけられてしまうことについて異論を表しています。世界の中の一国が、数百もの基地を世界中に持ち、他の国のすべての軍事予算を合わせてもその一国の軍事予算には敵わないという現状。今の世界は様々な可能性の中の、ひとつの姿でしかない。「こうでない世界はありえる」と、登場人物たちは語ります。


「仕方がないよ、こういう世の中なんだから…」と言った途端に想像力はついえる。それは楽。それ以上考えなくてすむからだ。

考えるのには力がいる。忍耐がいる。時間がかかる。大人になって自由に考えられる立場になったのに、先生がいなくなった途端に何を考えていいか分からなくなる。丸をつけてくれる人がいなければ、進めないなんて、情けないと思う。

忍耐強さは私たち日本人の特長のひとつではなかったか?


食べ物についての話は語りやすい。どんな人も食べずには生きられない。

というわけで、思いついた食べ物の話をふたつ。

ひとつは、絵本の国の「お子様ランチ」について。

「お子様ランチ」とは、食事のお店にたいてい揃えてある、子ども用のメニューのこと。これが、「なめられてるなあ」と思うほど、どこの店でも同じなんだ。

ハンバーグ、から揚げ(鶏肉のフライ)またはえびフライ、ポテト(揚げじゃがいも)、プリン型のごはん、ふりかけ、ゼリー、レタス一切れ。そして、おもちゃのおまけ。

子どもたちも心得ていて、おもちゃを目当てにお店を選ぶことも多々ある。

「揚げてあればいいんでしょ、おもちゃついてればいいんでしょ、こんなもんで」という感じだ。

この法則が大人のメニューにも当てはまらないとは言えない。

「脂がのって、こってりしてて、安くて、おなかがふくらめばいいんでしょ、こんなもんで」、どのメニューもよく見るとそんな感じ。

相手が怒り出すまで、程度を少しずつ少しずつ下げてる気がする。そして、絵本の国の人たちはめったに怒らない。

それを灰色も分かってる気がする。


ふたつめは、母乳とミルクについて。

お話の中に「玄米のまま食べるのと、白米に玄米の栄養をつけたして食べるのでは、吸収が違う」というような箇所があった。

どこかで知っている現象だと思って、思い出したのが母乳の話。

我が子が乳児だったころ、「ミルク(人工的につくった乳児用のお乳)は母乳と成分的には変わらない。安心してください」という企業側の主張をよく目にした。企業だけでなく、医者もそう言っていた。

そしてこの主張は、母乳で育てることができなかった母親たちの主張に取り替わっていく。乗り移るというのか。「母乳にこだわらなくてもいいよねえ、だって栄養的には一緒だもんね」。

同じ母親からそういう意見が出てくると、こちらとしては反論しにくい。「そうだよね」とうなずかざるをえなくなる。

でも、心の底では思ってる。同じはずないよ、と。

母乳は母と子と力を出し合って育てていくもので、双方の協力がなければ母乳はおいしくなくなって、止まる。母親は脂っぽいものや甘いものを避けて、ごはんをよく食べて、血をつくる。(お乳は白い血だそうだ。)眠くても泣かれたら吸わせる。子どもも最初は飲みにくい。口が小さいし、力も弱い。哺乳瓶のが楽だけど、がんばって吸う。大きな声で泣いて、母親を叩き起こす。いっぱい遊んでおなかをすかせる。

それで肌と肌を合わせて、体温を触れ合わせて、そのほかに何もできない状態で、飲む・飲ませる。ごくごく飲んで、赤ちゃんは眠くなる、眠って体を育てる。

粉を湯に溶かしてきゅーっと一気飲みさせるミルクと、同じはずがない、と思う。


そんな話ばっかりだ。数値化してその数字をありがたがる、文書化してその文書に安心する。自分と違う意見は無視する。

想像力は捕らえられる。


奪えるはずがない、と思う。気持ちが自由に飛ぶことを禁止するなんて、できるはずがない。

でも罠はいつでも存在する。これが空だと思って飛んでいた場所は、灰色の仕掛けたかごの中でしかないかもしれない。

目次に戻る

コメント

このブログの人気の投稿

小沢健二の連載小説『うさぎ!』はどこで買える?

小沢健二さんの『うさぎ!』はその一部が単行本としてまとめられたことがあり、ご本人のライブツアーのポップアップショップなどで買うことができました。ですが、普通の書店、本屋さんでは扱われていません。

『うさぎ!』が連載されている『子どもと昔話』という年に4回発行される冊子があり、こちらは大きな図書館に置かれていることがあります。京都のホホホ座さんや、下北沢の気流舎さんなど、少数のすてきな本屋さんにも並んでいるようです。

というわけで、『うさぎ!』を読まれたい方は大きな図書館に行ってみて『子どもと昔話』を探してみることをおすすめします。近くにすてきな本屋さんがある場合も探してみてはいかがでしょう。

もっと手っ取り早いのが『子どもと昔話』を購読する方法です。年に3千円台のお値段で、年に4回、冊子がご自宅に届きます。(ただ、現在:2017年10月、小沢さんは音楽活動においそがしいために『うさぎ!』を休載されています。)

目次/ただいまの状況

小沢健二さんの連載寓話『うさぎ!』の感想を綴るブログです。目次(続きを読む)からお好きな記事をお選びください。

2018年5月:春の空気に虹をかけ 感想文2017年10月31日:小沢健二の連載小説『うさぎ!』はどこで買える?2017年10月:『子どもと昔話73』うさぎ!休載2017年2月27日:2017年2月の小沢健二さんにまつわる出来事たち ★2017年冬号『子どもと昔話』うさぎ!第43話2016年11月14日:『子どもと昔話69』うさぎ!第42話2016年夏号『子どもと昔話』にては『うさぎ!』休載2016年7月5日:魔法的を語り合う縦書き版はこちら2016年5月27日:魔法的2016年4月20日:2016年春号の『子どもと昔話』が届きました2015年9月2日:64号(うさぎ!39話)を読んで2015年7月24日:小沢健二の『うさぎ!』とは?2015年6月15日発行 『MONKEY Vol.6 音楽の聞こえる話』に小沢健二さんがエッセイを寄稿。

大きな反響を呼んだ「第24話 原発について」は、著者公式サイトで読めます(うさぎ!第24話ネット公開によせて)。痛みについての「第9話」抜粋も。

 本サイトの目次
以下、各話のタイトルは著者による表現ではありません。
★印=人気記事(アクセス数を根拠にしています)

第1話 昔むかし、あるところに ★第2話 旅立ち ★第3話 灰色の演説第4話 「資本主義」はまともに存在していない第5話 水第6話 ジャーナリスト/ここまできた世の中だからこそ第7話 時と空間がくっついて、離れがたくなっているもの第8話  坑道で 第9話 坑廃水第10話 絵本の国第11話 食第12話 NPM第13話 善意でめっちゃくちゃ第14話 メディア第15話 パレスチナ問題第16話 ホワイトサプレマシー第17話 「○○との戦い」第18話 戦いの一局面が、終わる第19話、第20話 小沢健二に聞く第21話 メキシコ第22話 もう古いの計画第23話 エジプト革命第24話 原発第25話 ロサンゼルス第26話  第1話を再録第27話 スチャダラパーの三人が『うさぎ!』をめぐって語る第28話 白人優越主義第29話 選挙第30話 「低関心」と広告第31話 現実は意思でつくられる ★第32話 大雑誌・大新聞の記事と広告第33話 広告は若者に忠誠心を植え付ける ★第34話 日米…

第1話/昔むかし、あるところに

「このお話のころの世界」が語られる。
灰色から見た、人びとの姿。
灰色から見た、子どもの姿。昔話。
灰色にとって都合のよいことと、都合の悪いこと。

うさぎ、きらら、トゥラルパンが銅山の国へと、旅立つ。
沼の原での、水をめぐる戦いのお話が、始まろうとしていた。



「豊かな」国と「貧しい」国。
豊かな国と聞くと、どこが思い浮かぶでしょう。
まず私に思い浮かぶのは、私の住む国、日本。それから、アメリカ、ヨーロッパの国々。

なぜだろう、なぜその答えが浮かぶんだろう?
第1話は、思い浮かぶ、自然に覚えさせられている、その不思議に、気づかせてくれる文章なのでした。


一番最初に第1話に出会ったのは、インターネットで、でした。
以前「毎日の環境学」というサイトに、第1話が掲載されたことがあったそうで、その時の画面がどこかに保存されていたらしい。

『うさぎ!』は難しい、という意見をちらちらと聞いていたので、おそるおそる。

読み終わってまず浮かんだのは、『モモ』みたいだな、ということでした。
『モモ』では灰色の服を着た、時間泥棒っていうのが出てくるでしょ、あの姿がまず浮かんだ。

あー、あのこわいものが、実は今の私のそばにいるんだなあ、と。そばまで来てるんだなあ…。


「本当に小沢健二が書いてるの?」と思うくらい、透明な語り口の印象を受けました。
そしてちょっと、こわい感じ。

まずいな、今の世界って、ここまで来ちゃってるのか、というこわさ。

あの小沢健二がこう書くほどの、書かなくちゃならないほどの、世の中に。


“お金の塊を大きくするのに都合のいい世界は、人びとがおたがいを疑って、怪しんで、怖がっているような世界でした。そのために、一人一人が、一つ一つ袋に入ったあめ玉のように、ばらばらになっている世界でした。” 第1話 15頁
日常の中で、この人びとが「ばらばらになっている」様子が思い浮かぶことが多いです。人と人がばらばらだと思うと、力が出てこなくなります。「どうせ何も変わらない」…そう言いたくなる気がします。

そうでない場所を思い描くと、力が出てきます。「何だってできる」と言えそうな気分。社会や政治や経済、なんて難しい言葉で区分けしないで、世の中をとらえてみたい。

無力感、私もいつも感じています。周りの大人のあきらめた様子。

子どもたちは何もあきらめてないのに。

「どうせ変わらないよ…