2018年9月14日金曜日

目次/ただいまの状況

小沢健二さんの連載寓話『うさぎ!』の感想を綴るブログです。新作が待ち遠しいですね。



✦2018年5月:春の空気に虹をかけ 感想文

✦2017年10月31日:小沢健二の連載小説『うさぎ!』はどこで買える?
✦2017年10月:『子どもと昔話73』うさぎ!休載

✦2017年2月27日:2017年2月の小沢健二さんにまつわる出来事たち 
✦2017年冬号『子どもと昔話』うさぎ!第43話
✦2016年11月14日:『子どもと昔話69』うさぎ!第42話
✦2016年夏号『子どもと昔話』にては『うさぎ!』休載
✦2016年7月5日:魔法的を語り合う 縦書き版はこちら
✦2016年5月27日:魔法的
✦2016年4月20日:2016年春号の『子どもと昔話』が届きました

✦2015年9月2日:64号(うさぎ!39話)を読んで
✦2015年7月24日:小沢健二の『うさぎ!』とは?
✦2015年6月15日発行 『MONKEY Vol.6 音楽の聞こえる話』に小沢健二さんがエッセイを寄稿。

大きな反響を呼んだ「第24話 原発について」は、著者公式サイトで読めます(うさぎ!第24話ネット公開によせて)。痛みについての「第9話」抜粋も。

 本サイトの目次


以下、各話のタイトルは著者による表現ではありません。分かりやすさのため、私・サイト作者が勝手につけたものです。ご了承ください。
印=人気記事(アクセス数を根拠にしています)

第1話 昔むかし、あるところに 
第2話 旅立ち 
第3話 灰色の演説
第4話 「資本主義」はまともに存在していない
第5話 水
第6話 ジャーナリスト/ここまできた世の中だからこそ
第7話 時と空間がくっついて、離れがたくなっているもの
第8話  坑道で 
第9話 坑廃水
第10話 絵本の国
第11話 食
第12話 NPM
第13話 善意でめっちゃくちゃ
第14話 メディア
第15話 パレスチナ問題
第16話 ホワイトサプレマシー
第17話 「○○との戦い」
第18話 戦いの一局面が、終わる
第19話、第20話 小沢健二に聞く
第21話 メキシコ
第22話 もう古いの計画
第23話 エジプト革命
第24話 原発
第25話 ロサンゼルス
第26話  第1話を再録
第27話 スチャダラパーの三人が『うさぎ!』をめぐって語る
第28話 白人優越主義
第29話 選挙
第30話 「低関心」と広告
第31話 現実は意思でつくられる 
第32話 大雑誌・大新聞の記事と広告
第33話 広告は若者に忠誠心を植え付ける 
第34話 日米「同盟」 
金曜の東京
第35話 戦後の再デザイン
第36話を読書中(10月22日追記)
戦後の絵本の国のこと

 灰色という名づけの妙
 なぜ「絵本の国」か
 なぜうさぎか

 うさぎさんへ 『セラピー的な』読みました 
 小沢牧子さんの『「心の専門家」はいらない』を読みました
 泡について 
 痛みとしてのファッション(装苑のうさぎ!番外編を読んで)
 小説というより書簡として
 灰色とは?

 引用先文献『脱資本主義宣言』を読んで 
 ラ・ホルナダ
 機械が人の上に立つ
 働くを思う
 小沢健二さんに第一子誕生、現状と今後 
 ありがとう

 トランプを一枚報告書

1 件のコメント: